【傷害保険】交通事故傷害保険で万が一の事故に備える
【傷害保険】交通事故傷害保険で万が一の事故に備える

【傷害保険】交通事故傷害保険で万が一の事故に備える。

交通事故傷害保険とは、その名の通りに交通事故の際の死亡や後遺障害やケガに備える保険です。

最近では、自転車保険がこの傷害保険と同じ種類の保険になりますね。

この交通事故傷害保険は非常におすすめの保険なのです。

こちらでは、交通事故傷害保険に関しての情報を分かりやすくご紹介しています。

傷害保険の加入を検討している方はぜひご覧になってください。

交通事故傷害保険とは

交通事故傷害保険とは、その名の通りに交通事故の際の傷害を補償するための保険です。

「交通事故なんて合わないから大丈夫!」なんて思っている方は要注意です。

交通事故は実際には、日々の日常生活では、大きなケガをしやすく、とても高額な治療費がかかってしますケースもあります。

万が一、交通事故にあった時の事を想像してください。

長期間の入院が必要になるかもしれませんし、もしかしたら後遺障害が残って、日常生活が通常通りに送れなくなってしまうかもしれません。

そんな時に力になってくれるのが、交通事故傷害保険なのです。

交通事故傷害保険の補償対象

交通事故傷害保険って、どんな時に補償してくれるの?

交通事故傷害保険は、日本国内、日本国外を問わずに交通中に起こった事故によってケガをしてしまった場合に保険金が支払われます。

その補償内容は、交通上用具との接触や衝突事故だけではなく、交通中の様々な事故に対して補償がされていますので、電車等に乗っている場合にケガをした時にも補償されます。

また、駅の構内で歩いている時に転んでしまい、ケガをしてしまったなんて場合にも、補償対象となるのです。

交通事故傷害の保険料

交通事故傷害保険の保険料は、通常の傷害保険の保険料と比較すると、非常に安くお手軽な保険と言えます。

通常の傷害保険が日常生活をしている時のケガ、つまり24時間いつでも補償されるのに対して、交通事故傷害保険は交通上用具との接触などによって負ってしまったケガに対しての補償になります。

補償の範囲が限定されていますので、保険料が安くなって当然ですが・・・非常にお手軽な保険料で、交通事故の際のケガを補償してくれる交通事故傷害保険は、交通網が発達した現代社会ではなくてはならない保険ですね。